女性にとっての避妊薬はアイピルがオススメ

妊娠は女性にとって人生を変えるといっても過言ではないほど、大きな問題だといえます。望まない妊娠をしてしまうことを避けるには、避妊は最も重要なことでしょう。
避妊は男性側が配慮することだと考える女性もいるかもしれませんが、女性側もしっかりと意識しておくことが大切なのです。
そのために存在しているのがピルであり、妊娠を避けるためにピルを常用している女性は決して少なくありません。
ピルにはいくつかの種類があり、性行為の後で不安になった時に使用するのがアフターピルといいます。

スポンサードリンク

アフターピルとしてのアイピル

アフターピルはその名の通り、性行為の後に使用するピルです。男性側が使用するコンドームでの避妊率は、一般的には70~80%程度だといわれています。
コンドームを装着すれば何の心配もないと考えがちですが、実際のところは決して100%安心だというわけではないのです。
もしも望まない妊娠をしてしまった際に最も苦しむのは女性であり、その女性の対策としてアフターピルは広く認知されているといえます。

複数存在しているアフターピルの中で、ジェネリック医薬品として名を知られているのがアイピル(I-Pill)なのです。
ジェネリック医薬品のため購入費用を安く抑えることができるという利点があり、数多くの女性たちから支持されています。

アイピルの副作用とは?

また、アイピルが支持されている理由として、副作用が少ないという点が挙げられます。
当然のことながら副作用には個人差が生じますが、一般的には他のアフターピルと比較すると副作用が少ないといわれているのです。

それでも決して副作用は0ではなく、症状として最も多いのが吐き気だといわれています。
吐き気の度合いは個人によって異なりますが、中には強い吐き気を催し嘔吐してしまう人もいるようです。

そのような状態に陥った場合はすぐに服用を中止し、医師へ相談すると良いでしょう。
吐き気以外の他の症状として考えられるのは、頭痛や倦怠感、乳房の張りなどです。

副作用の大きな原因はホルモンバランスが乱れることであり、元々体内にあるホルモンがアイピルを服用することによって、そのバランスが崩れてしまうことによって引き起こされてしまうのです。
通常であれば副作用は1~2日程度で回復するものですが、場合によっては症状が何人も続く人も皆無ではなく、そのような時は医師の診断を仰ぐ必要があるといえます。アイピルは副作用が少ないからと必要以上に服用することは危険であり、容量を守って正しく服用することが重要です。

アイピルの関連記事はこちら
👉アイピル

スポンサードリンク