アイピルが必要な方は通販サイトで

アイピルは緊急避妊薬として多くの女性に支持されている人気商品です。
アイピルは婦人科で処方してもらうのが一般的ですが、通販で購入することもできます。

アイピルは海外の製品ですから日本での取り扱いがありません。ですから個人輸入をして買う必要があります。
通販で購入する場合は、個人輸入代行のサービスが設けられている通販サイトを利用するのがおすすめです。

個人輸入は意外と簡単です

個人輸入というと、

●手続きが難しそう
●面倒臭そう
●抵抗感や不安感がある
●英語で表記されているので詳細なことがわからない
●無事に自宅に送られてくるかどうかが不安
●膨大な費用がかかってしまいそう

などのネガティブなイメージを抱いているという方は多いのではないでしょうか。

そんな方の不安感や抵抗感やハードルの高さを払拭してくれるのが、個人輸入代行のサービスです。
難しくて面倒臭い手続きは全て代わりに行ってくれます、
日本語で表記されているので普通の日本のサイトと同じような感覚でお買い物を楽しむことができます。

婦人科で処方してもらうよりも安くお得に買うことが出来ますし、配送もスピーディーです。

私が利用している通販サイトは薬エクスプレスです。

参考記事はコチラ⇒アイピルを通販で購入する方法

手軽に気軽に商品をゲットすることが出来ますが、用法用量をきちんと守って正しく服用しないと体に悪影響を及ぼしますし、避妊効果が弱まってしまうこともあります。

アイピルの使用方法

●用法用量についてですが、性行為が終わってから72時間以内に1錠を服用します。
高い確率で避妊を成功させることが出来ますが、100%避妊することができるわけではないということもきちんと理解しておかなければなりません。

●コンドームが破れてしまった際の応急的なものとして取り入れることが大切です。
服用後の出血や頭痛やめまいや腹痛や体のだるさや疲れやむくみなどの副作用が起こり得るということも理解しておく必要があります。

使用時の注意点について

アイピル(I-Pill)は中用量アフターピル(緊急避妊薬)であり、排卵日を間違えたり、コンドームが破れたりした際に、計画外の望まない妊娠を防ぐ効果が期待できます。

アフターピルは、「通常のピル(低用量ピル)とは違い、定期的に飲まなくても良い」「性行為の後に飲めば避妊してくれる」という漠然としたイメージがあるかもしれませんが、アフターピルは100パーセント妊娠を防ぐものではありません。

また、中絶薬ではないので、すでに妊娠している方が服用しても中絶の効力はありません。使用する前に正しい使い方や効果について理解しておくことが大切になります。

アイピルの避妊効果とは?

アフターピルは、女性ホルモンに作用して排卵を遅らせたり、着床を起こさないように生理を引き起こしたりする効果があります。アイピルは、レボノルゲストレルというホルモン製剤が配合されており、この成分がホルモンバランスに働きかけ受精や着床を防いでくれます。レボノルゲストレルは日本でも販売許可されている安全な成分ですので、健康な成人女性ならば使用しても身体に大きな害は発生しません。しかし、他に服用している薬や持病などがある方は、事前に医師へ相談しておくと良いでしょう。また、頻繁に使用する予定の女性も、よく医師と話し合いをしてから使い方を決めてください。

アフターピルは性行為後から3日以内に服用することで、妊娠する確率を下げることができます。ただし、性行為から時間が経ってから使用すると避妊率は下がってしまいます。アイピルの場合は、性行為後24時間以内に服用すれば95%の確率で避妊できるといわれています。時間が経つ毎に確率は下がり、24~48時間以内の服用で88%、48~72時間に服用すると75%まで低下してしまいます。望まない妊娠を防ぐには、早めに服用することが重要になりますので、性行為を行うパートナーがいる方はあらかじめアイピルを購入しておき、何時でも飲めるよう準備しておくと安心ができます。

高い避妊効果がある一方で、当然ながら副作用もあります。アイピルは安全性の高いアフターピルですが、薬により身体のホルモンバランスを乱し無理やり受精卵の着床を防ぐものです。飲んだ直後は頭痛や吐き気、腹部の痛みや不正出血が起こるリスクが高いので、使用の際はよく注意をしてください。可能ならば、1~2日は安静にしておき、不調が長引くようならば必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

アイピルの詳細はこちらの記事をどうぞ!
アイピルのまとめ