アイピル(I-Pill)の効果効能について詳しくご説明します

望まない妊娠の可能性がある、緊急で避妊をしたいなど女性にとって心配や不安があるときに、女性を守る緊急避妊薬がアイピル(I-Pill)です。

アイピル(I-Pill)は、アフターピルといわれておりSEXの後から飲んでも効果を発揮することが期待できる避妊薬で、中用量ピルにあたります。

アフターピルは望まない妊娠を避けるために用いられる薬で、アイピル(I-Pill)は、受精卵が着床することを防ぐ目的で使用されます。
避妊に失敗してしまったときに、失敗した時から3日以内に飲むことで妊娠を避けることができる薬です。

普段の生活の中で避妊をしなくて焦ってしまった場合や避妊をしたけれどもアクシデントによって失敗した時、望まない行為があった時など、妊娠を避けることが必要な時に活躍するのが緊急避妊薬のアイピル(I-Pill)です。

アイピルは女性にどのような効果をもたらすのか

黄体ホルモンは女性ホルモンに働きかけてホルモンバランスを変化させます。
排卵前なら排卵を遅らせる効果があり、精子の活動期間である2~3日程度の間、排卵のタイミングを遅らせます。そのため妊娠の可能性を低くすることができます。

もし受精してしまった場合でも、受精卵が子宮に着床しないように働きかけ、出血させて生理を起こします。
また、子宮頚管の粘膜を硬化させる働きもあるため、子宮内へと侵入しようとする精子を防ぐ効果もあります。ひとつの効果ではなく、いくつかの効果が合わさって避妊することができるという訳です。

アイピルを服用する際の時間的効果

アイピル(I-Pill)は、72時間以内の服用が原則です24時間以内の場合の避妊率は95パーセント、48時間以内なら88パーセントで72時間以内なら75パーセントになるため、服用までの時間が短いほど避妊率が上がり、時間がたつほどリスクが高まります。

体への負担が少なく、避妊することができるアフターピルなので、安全性や信頼性が高い緊急避妊薬として広く利用されています。

婦人科や産婦人科などの病院で処方されるのが一般的ですが、アイピル(I-Pill)は通販でも購入することができる薬です。

できるだけ早く服用すると言っても、受診をするとなると時間がたってしまうので、手元に新しいものを置いておくと安心です。

通販で購入した際の利点とは

通販なら、いつでも自宅で購入することができ、自宅に直接届くので病院に行くことのハードルが高いという人でも備えをすることができます。
診察代や処方せん代がかからず、病院よりもリーズナブルに手に入れることができるので費用が心配で病院に行くことができないという人の備えとしてもおすすめです。

オススメしたい通販サイト

👉アイピル通販サイト

アイピル(I-Pill)の商品に関する概要をご説明します

アイピルとは、ホルモン製剤のひとつでさまざまな避妊手段に用いられる「レボノルゲストレル」と呼ばれる成分を含有したノルレボというアフターピルのジェネリック医薬品で、インドのシプラ社が製造元です。

アフターピルは世界的にはごく一般的に使用されている医薬品ですが、日本で認可されたのはごく最近のことであり、処方せん医薬品であるため薬事法によりドラッグストアなどでは購入することができません。

 

日本で購入する場合は病院に行って処方してもらう以外では、個人輸入代行業者に依頼することが一般的です。
個人輸入代行業者に依頼すれば診察代などがかからないため安い料金で購入することができますが、海外からの輸入になるため依頼してから早くても1週間から10日前後の日数がかかります。

主成分レボノルゲストレルと女性ホルモンとの関係

アイピルの概要についてですが、主成分であるレボノルゲストレルは女性ホルモンに直接作用しホルモンバランスを変化させる働きがあります。
排卵前なら排卵を遅らせ、排卵後であれば受精してしまった場合でも受精卵を着床しないように働きかけることで、消退出血させて生理を起こします

 

精子の活動期間は2~3日とされていますが、その期間に排卵するのを遅らせて受精の可能性を低くすると共に、子宮頚管の粘液を硬化させることにより子宮内に侵入しようとしている精子の動きを阻む働きをします。

アイピルは性行為後24時間以内に服用することで95パーセント、48時間以内の服用で88パーセント、72時間以内の服用では75パーセントと高い避妊率のデータがあり、服用が早ければ早いほど高い確率で避妊することができます。

アイピル(I-Pill)の副作用や注意点についてご説明します

避妊の基本は低用量ピルを常飲して妊娠を防止し、飲み忘れなどの緊急時にモーニングアフターピルを服用するのが正しい方法です。
飲むときは水・ぬるま湯を使用し、1回あたり1錠を服用してください。他の薬と服用しても問題はなく、副作用はありますが後遺症の心配はありません。

また、アイピルは毎日服用する必要はなく緊急時のみで高い効果を発揮し、体への負担が少ない安全性と信頼性の高いアフターピルで、世界保健機構でもその安全性と有効性は認められている世界でも主流のアフターピルです。

アイピルを飲んだ後の副作用について

副作用はいくつかあります。
●吐き気
●めまい
●下痢
●頭痛

などを引き起こすことがありますが、特に吐き気の症状が強く表れます。
もしも吐いてしまった場合は薬の成分も排出されてしまうため再度服用する必要がありますが、吐き気止めと併用することは体に負荷がかかるため避ける必要があります。

また、ごく稀ではありますが、服用後に喫煙すると血栓症を引き起こすことがあります。
一般的にタバコとレボノルゲストレルの相性は悪いとされているため、アイピルを服用するなら血栓症のリスク軽減のため喫煙は控えることが大切です。

アイピルはは早く服用するほど効果的ですが、実際に薬効が表れるのは服用から3時間ほど経過してからです。

嘔吐の場合の注意点

アイピルを服用してから2時間以内に嘔吐した場合は注意が必要です。

有効成分が嘔吐によって排出されてしまうケースがあるため、本来の効果を発揮できない可能性があります。

こうした場合は追加で1錠服用し、排卵を抑えるようにしてください。

嘔吐してしまうケースは意外と多いですから、やはり早めに服用するほど効果的です。
モーニングアフターピルはドラッグストアや薬局では販売しておらず、これは医師の処方が必要になるためです。

個人輸入で購入する場合は自己責任での取り寄せできるので、医師の許可を得る必要はありません。
ただし過去に医療機関で処方を受けた経験のある人が個人輸入を活用するのが健全な方法ではあります。

アイピルと嘔吐止めのセットで購入
👉アフターピル+吐き気止め

アイピル服用のタイミングと使用方法

【服用時の数量は?】
アフターピルのアイピルは、1回あたり1錠を服用するだけで済むのが特徴です。

【いつ飲んだらいいの?】
アイピルの用法は、避妊に失敗したり避妊ができなかった場合、SEXの72時間以内に服用するのが基本です。
また、避妊に失敗した状態から避妊を行うためには、なるべく早く服用する必要があります。
【一緒に飲んでいいものは?】
服用は水またはぬるま湯で行い、吸収率に影響のあるカフェイン入りの飲料やアルコールを含むお酒は避けるのが原則です。
カフェインはミネラル分を多く含む飲料との組み合わせによって、薬の吸収を阻害してしまいます。
逆にアルコールは吸収を早めてしまうので、意図しない効果や副作用の現れ方が心配されます。
【嘔吐した場合は?】
アイピルの服用から2時間以内に吐いてしまうと、有効成分が十分に吸収されず、効果が現れないか損なわれてしまう恐れが生じます。
※服用直後にアイピルを吐いてしまった場合は、追加でもう1錠だけ飲むことをおすすめます。

アイピル服用時間のデータ

SEXから72時間が経過してしまうと、モーニングアフターピルのアイピルは効果を損ねます。
避妊が失敗した状況から発生する妊娠の確率は、アフターピルを飲むまでの時間でほぼ決まる傾向です。

以下、服用時間と効果の関係です。
※ 時間はSEXから服用までの時間
※ %は妊娠の確率

●12時間以内の服用⇒0.5%
●13時間から24時間以内⇒1.5%
●36時間以内に服用⇒1.8%
●48時間の使用⇒2.6%
●60時間以内⇒3.1%
●72時間以内⇒4.1%

アイピルを含むモーニングアフターピルは優秀です。

緊急避妊ピルと呼ばれているくらいですから、アイピルは優秀ですし、使い方を間違えなければ避妊の成功に期待できます。

※アイピルが有効に使える時間について詳しくはこちら
👉アイピルが有効的に使える時間

アイピル服用時のまとめ

❶従来の緊急避妊薬は、服用回数が2回以上だったり副作用が出やすいなど、アイピルと比べて欠点が多くあった。
❷アイピルは、避妊の失敗に気がついた時点で服用を行えば、72時間以内に限って優れた効果が得られる。
❸1回1錠を用法用量に従い飲むだけ。負担が少なく失敗の恐れも最小。
❹服用後2時間以内に吐いてしまったら追加でもう1錠飲む。この注意点に気をつければ、誰でも緊急避妊が行える薬。
❺正しいタイミングと服用量で効果に期待。早めに適切な量の服用することがポイント。

 

アイピルが有効的に使える時間

アイピルは緊急避妊ピルの一種で、事前に使用する低用量ピルとは異なり、文字通り緊急時に使用する薬です。
緊急時とは避妊に失敗してしまった時のことで、対策を行わなかった場合も含まれます。

72時間以内を守る

アイピルのような緊急避妊ピルはモーニングアフターピルピルとも呼ばれ、72時間以内の服用が基本となっています。
この72時間というのは、緊急避妊が間に合うとされるタイムリミットで、72時間を過ぎてしまうと避妊成功率が大幅に低下します。
しかし、72時間以内に正しく服用できたケースでは、81%の確率で緊急避妊に成功できるとされます。
つまりアイピルも有効的に使える時間は72時間以内で、それ以降は効果に期待しにくいというわけです。

logo

有効的に使える時間を過ぎた後の服用だと、避妊成功率は徐々に低下して行きます。
例えば72時間以上120時間以内に服用した場合は、何と避妊成功率は63%にまで低下します。

これは妊娠の可能性が高まることの裏返しなので、望まない妊娠を回避したい人にとっては致命的です。
逆に、緊急避妊ピルは早く使用することによって、より高い妊娠成功率を実現できるようになっています。
早ければ早いほど良いというのは、アイピルを含めた緊急避妊ピル、モーニングアフターピルに共通するポイントです。

この薬の用量は1回1錠ですから、気分が悪くても飲みやすくて、飲み間違えたり忘れる心配が少なめです。
用法は、性行為から72時間以内に水かぬるま湯で飲むだけととても簡単で、心理的な抵抗感や体の負担が小さいといえます。
コーヒーやお酒で飲むのは推奨されませんが、カフェインレスのお茶であれば大丈夫です。

飲料の選択も重要ですが、最も大切なのはアイピルを服用するタイミングで、有効的に使える時間を把握しておくことです。
72時間の猶予があることから、飲むのは後回しでも良いと考えがちですが、早く服用を済ませればそれだけ避妊成功率が上がります
81%という数字から更に引き上げられることを意味するので、緊急避妊が必要なら数時間以内、遅くとも24時間以内の服用を心掛けたいところです。

もちろん、72時間を過ぎて服用しても薬の有効性は発揮されますから、120時間以内に服用することにも意味はあります。
それでも、避妊成功率を考慮すると、やはり72時間以内の使用が理想的ですし、早いほど期待できる効果もアップします。
成功率の高さは低用量ピルに譲りますが、性行為後72時間以内の服用で81%の成功率を誇る緊急避妊ピルもまた、困った時に頼れる味方となるでしょう。

 

アイピル失敗事例

万が一のときに備えてアイピルの服用を考えている人は、失敗事例についても抑えておくようにしましょう。
I-Pillは何もしないよりはずっと避妊効果の高い薬ではありますが、絶対ではありませんからどのような失敗があるのかを知っておくことはいざという時に役立ちます。

不運な失敗事例として挙げられるのが、避妊に失敗した直後に飲んだにもかかわらず妊娠をしてしまったというものです。
アイピルは確実に効果があるというものではなく、直後の服用にもかかわらず妊娠をしてしまうことがないわけではありません。

妊娠の可能性をかなり低く抑えることはできますが、それでも絶対ではないのです。
避妊に失敗した直後12時間以内に服用をしたとしても、0.5パーセント程度の確率で妊娠をすることがありますから、万が一があってはならないことを考えると、これは決して油断ができない数字となります。
それでも事後避妊と考えればかなり優秀な数字ではありますが、これはあくまでも直後に飲んだケースに限った話です。

飲むタイミングが遅い

失敗事例として多いのが、直後ではなく時間が経過をしてから飲んで妊娠をしてしまったというものであり、12時間を経過すると確率が1.5パーセントまで跳ね上がり、61時間から72時間以内の服用となると4.1パーセントも妊娠をしてしまう可能性があります。

失敗した多くの人はアイピルを服用するのが遅くて妊娠をしてしまったケースが多く、失敗の大きな理由がどれだけ早く服用をするのかにかかっているかということになるのです。

見方を変えれば72時間以内までであれば5パーセント以下の確率に抑えられるとも見えますが、これもやはり万が一があってはならないと思えば、かなり危険な数字だと言えるでしょう。

嘔吐による効果減少

飲むのが遅れたというのが多いのですが、副作用によって吐いてしまって効き目がなくなってしまったというものもあります。
服用してから2時間以内に吐いてしまった場合には、薬効も弱くなってしまうので避妊ができなくなることがあり、すぐに飲んだにもかかわらず吐いたことで避妊ができなかったというケースもないわけではありません。

アイピルは安全性が高い薬ではあるものの、低用量ピルと比較をすると負担が大きく吐き気を催してくることもあり、その結果として嘔吐して効果がなくなってしまうというものです。

これはそもそもアイピルを飲まなかったことと同様なので、失敗事例として覚えておきましょう。
最後に通販で購入したものが偽物で、効果がなかったというものもありますから、入手先の信用の確認も欠かすことができません。

アイピルのまとめ

恋人や夫婦間での濃密なSEXやスキンシップは、お互いの心の面までつなぐ大切なことですし、愛があるからこその素敵な行為でもあります。
ですが妊娠を希望していない時に、女性は避妊ということも頭に入れて対策をしなければなりません。

男性側の避妊に頼るとすれば、「コンドームの利用」になりますが、100%安全とは言い切れないです。
不安を持ちながらSEXを繰り返すのは、心のストレスにもなりますし、楽しいスキンシップとは言えません。

そこで妊娠の不安のない生活にするためにも、アイピルを常備することです。
日本国内でも認められている、レボノルゲストレルが有効成分になります。口から水と一緒に飲むことで体内で成分が吸収をされますが、女性ホルモンに黄体ホルモンが働きかけますので、バランスを都合よく変化させることが可能です。

万が一にでもSEXを行い受精をしたとしても、できるだけ着床をさせないようにアクションを起こします。
その結果、消退出血を起こし、女性は生理がスタートします。

およそ2日から3日ほどの間、男性の精子は活動をしています。排卵をその間にできるだけ遅くさせるので、受精を成功させる確率をそれだけ低下させることが可能です。精子が子宮内部へと入り込まないように、子宮頚管における粘液を硬化させます。

避妊に失敗をしてからの服用はできるだけ早い方が成功率が上がりますので、アイピルは常に常備をしておくと安心です。確率としては24時間以内にの目が避妊の成功率は95%になりますし、2日以内の48時間以内の服用ならば88%になります。

3日ほどの時間が経過をした72時間以内であっても、医薬品の服用をすることで、避妊率は75%です。冷静に考えてみても性行為を行い避妊に失敗をしてから、お薬の服用が遅くなるほど妊娠をする確率は高くなります。だからこそ妊娠を防ぐためにも、できるだけ早急にお薬を飲むことが重要です。

もしも失敗をしてから気が付くのも遅くなって、そこから産婦人科やレディースクリニックへ行っても、時間が厳しくなることが考えられます。ドラッグストアや薬局で市販をされているわけではないため、病院へ行くか通販サイトを利用して取り寄せるかになりますので、入手には時間が必要です。

スキンシップは取りたいものの妊娠は避けたい人であれば、あらかじめ女性側でできる避妊の手段をとっておかなければなりません。大切なパートナーとの性行為を満喫しながら、何かの時にはアイピルに頼ることです。