アイピルを通販で手に入れておけば、もしもの時に役立ちます


あらかじめ避妊目的で低用量ピルを服用されている方は大勢いらっしゃいます。
低用量ピルの場合は、明確な「避妊をする」という決心を持っており前回の生理後から一定用量のピルを飲み続けることで効果を発揮します。
しかし、明確な目的を持っていないにも関わらず、男性と関係を持ってしまった場合は緊急処置が必要になります。

その時に心強い味方となってくれるのが「アイピル」です。

緊急避妊薬「アイピル」はアメリカ女性の常備薬

「アイピル」とはピルの一種のお薬ですが、低用量ピルとは違って緊急避妊薬またはアフター避妊薬という名前でも呼ばれています。
あらかじめ服用していなくても、行為後に2錠飲めば排卵を抑制し妊娠する確率を大幅に減らす効果が期待できます。

「アイピル」はアメリカで開発されたお薬であり、臨床試験の結果200名中避妊に成功した方が195名もいらっしゃるためその効果は確かなものでありアメリカ人女性の間ではもしもの時の常備薬」として持っているというほどです。

緊急避妊薬は薬局の店頭で買い求めることはできませんが、病院または通販で入手することが可能です。
病院の婦人科で処方をしてもらうメリットは、事前に血液検査を行なってピルの副作用である血栓が出来にくい体質かを調べることと正しい用法を医師が指導してくれるということです。

ご自身の健康を守るという面では、病院処方の方が安全性が高いといえますが保険適用外であるため1錠2万円もの高額な医療請求をなされるのがデメリットといえます。

ネット通販でアイピルを手に入れましょう

もっと安価で買い求めたいという方は、病院でお薬を出してもらうのではなくネット通販を利用して販売元のアメリカまたは仲介をしているシンガポールから個人輸入を行なう方法があります。
通販の場合は余分な手数料を必要としないため、薬の定価と空輸代金のみで1箱約4000円程度になるので常備薬としていつでも買い求められる良さがあります。

最近ではピルの個人輸入をする方も増えており、Amazonや楽天など大手ネットショッピングサイトでは日本語に対応しているところもあるので気軽に利用出来ます。

でも!
私としてはAmazonや楽天は、あまり大きな声では言えませんが、「ニセもの」をつかまされる可能性が大きいと聞いています。
ですから、わたしがオススメするのはお薬の通販サイトです。実際に私も購入しています。

👉アイピルを通販サイトで購入する際の注意点

女性が自身の体を守るため、緊急避妊薬を持ち歩くことは何ら不思議なことではありません。
自分の身は自分で守り、ねぎらってやることは大切な健康法のひとつといえます。

現代の女性には賢さが求められています

かぜ薬と同じように考えて化粧ポーチの中に「アイピル」を携帯しておくと、いざというときのお守りになり心強い味方となります。
通販で求めて賢く自分自身を大切にしましょう。

👉アイピルを通販で購入する方法