お薬が悩み解決への近道

肌トラブルに悩んでいる方は非常に多いですが、日頃のストレスや思春期によるホルモンバランスの崩れなどが大きく影響して起こるとされるニキビは、幅広い年齢層の方が体験したことがあると言われています。

スポンサードリンク

ニキビは通常自然治癒で完治させる方は非常に多いですが、症状によってはつい指で触ってしまい潰してしまったり、雑菌が入り込んで症状が悪化して炎症になるなど、短期間で完治することは難しいです。

顔は特に傷跡が目立ちやすい部位でもあるので、綺麗な美肌を維持したいと思っている女性は特に、ニキビを早めに完治させるためにも治療薬を利用することがおすすめです。
少しでも短期間で効果を出したいのであれば皮膚科で治療薬を処方してもらうことが一番の近道ですが、出来るだけ身近なお店で購入したいと思っているのであれば、ドラッグストアなどで販売されている一般医薬品を利用するようにしましょう。

オススメのニキビケアクリーム

ドラッグストアではさまざまなメーカーの治療薬が販売されていますが、その中でもニキビケアの有名な商品として挙げられるのが「クレアラシル」のにきびクリームです。このクリームの特徴には、殺菌作用にイオウ、炎症を抑える成分としてグリチルリチン酸2カリウム、肌のターンオーバーを促進させる成分にはトコフェロールなどの有効成分が配合されている特徴を持っています。

従来は肌の殺菌しか行えなかった治療薬が多かったのですが、クレアラシルは肌のコンディションを整えてくれる成分も配合しているので、女性には嬉しい綺麗な美肌を目指している方に向いているのです。特にグリチルリチン酸2カリウムは漢方成分には注目されており、炎症を起こしている部位をすばやく炎症を抑えてくれる成分となっています。

ただ使用する上で注意しなくてはいけないことが、クリームに配合されているイオウ成分には殺菌効果がありますが、皮膚の乾燥を進行させてしまう特徴があります。大人ニキビは乾燥が原因の可能性があるので広い範囲の肌に塗り込むことは危険とされ、ピンポイントで利用する必要が出てきます。

クレアラシルの詳しい記事
👉クレアラシル

アクネ菌をやっつける治療薬

思春期に入ってから大人になっても度々悩まされることの一つに、ニキビがあります。ニキビを治療するには皮膚科が専門となりますが、軽症であったり一々病院で長時間並んで薬を貰うのが面倒くさい、と思う方は市販のニキビ用塗り薬を使う方も多いでしょう。

一言でニキビといっても、赤いものや黄色くなっているもの、その出来る部位によってもどんなものを使えば良いのか判らないと悩む人も多いと思います。では、ニキビケアのための薬にはどんなものがあるでしょうか。

原因菌を殺菌する成分とは?

多くのニキビの原因菌はアクネ菌です。そのため、アクネ菌を殺菌するのが最も手っ取り早い方法ですから、このための薬としてはイソプロピルメチルフェノールやイオウ、サリチル酸やレゾルシンなどです。これらが配合されているものを選ぶと良いでしょう。

出来てしまったものが赤ければ、皮脂が過剰に分泌され皮脂によって詰まった毛穴にアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまった状態です。こうなってしまったらまずは炎症を抑えることが必要ですから、炎症を抑える成分が配合されている薬を選びます。また思春期に出来るニキビでは皮脂分泌が活発すぎるために起こるものですので、改善するためには余分な皮脂を皮膚から取り除く必要があります。

手を清潔にして触らないとか洗顔をしっかりすることの他に、固くなった角質を軟化して皮脂をしっかり吸着してくれる成分が含まれているもの、具体的にはイオウが配合されているものが良いです。これは大人の吹き出物では乾燥が酷くなって悪化する恐れがありますから、向いていません。また赤だけでなく黄色にきびもある場合には、ステロイド剤入りのものを使っても良いです。

成人してから悩まされるにきびの主な原因は乾燥です。そのため、状態を改善するためには保湿に気をつける必要があり、薬を選ぶ時にも保湿剤が配合されているものを優先しましょう。例えばスクワランなどが配合されているものであり、アルコールが含まれて居ないものを使用してください。

👉重度のニキビに効果的な治療薬

スポンサードリンク