重度のニキビに効果的な治療薬

赤く化膿するまで悪化してしまった重度のニキビ。
ここまでくると立派な皮膚疾患です。その後のケアでしこりのような跡や色素沈着が残らないようにすることが大切です。
あまりにも酷い場合は皮膚科で専門的な治療を受けた方がいいですが、まだ初期の軽い段階なら市販の治療薬を使うだけで炎症後色素沈着が残る前にきれいに消すことが可能です。

お薬は成分を確認してから購入しましょう

でも、巷には様々なニキビの治療薬が出回っています。その中でどれを使った方が早くきれいに治せるのか知りたい人は多いでしょう。まずニキビの症状を悪化させる厄介なアクネ菌を殺菌する力があるのかを確かめなくてはいけません。
市販の治療薬には殺菌成分として、サリチル酸やイソプロピルメチルフェノールなどの名称が成分表に含まれているかをチェックしましょう。

アクネ菌が毛穴で繁殖してしまい、すでに赤ニキビになっている場合は、抗炎症成分も配合されている治療薬が有効です。具体的な成分名をチェックしたいなら、アラントインやグリチルレチン酸が入っていれば問題ありません。これ以上悪化して黄色くならないようにすれば、肌へのダメージも最小限で食い止められます。

思春期と大人のニキビは似ているようで原因が大きく異なります。何度も繰り返してイライラしてしまう、大人特有のニキビは生活習慣の乱れも大きいので、食習慣や睡眠時間などを改善することで予防できますが、どうしてもニキビが出来てしまう時には、肌の乾燥が原因でバリア機能が弱まり、肌を守る為に皮脂が過剰に出ている可能性が考えられます。

そのためには、保湿成分のたっぷり入った治療薬で肌に潤いを与えなくてはいけません。低刺激でシンプルになじむ、スクワランなどが入っているものがオススメです。
思春期になるとよく出来るタイプのニキビには、たくさん分泌し続ける皮脂を肌から引き離すための成分が入っているものがぴったりです。イオウが入っているものを使っておけば大丈夫ですよ。イオウで皮脂のバランスをコントロールすれば、症状が落ち着きます。

治したいなら化粧品よりも薬による治療が断然いい!

ニキビに悩んでいる方はスキンケア用品で対処するよりも、薬による治療をおすすめします。ニキビが発生する要因は生活習慣や間違った洗顔などがありますが、すでに発生した症状に対しては速やかに薬物治療をするのがおすすめです。最近の治療薬はしっかりと伸びてくれて、使用感はサラサラとしていて使いやすいです。使用回数は1日数回に指定されたものが多く、一般的に2~3回の使用となります。繰り返し塗ることによって薬剤の浸透を安定させられるわけです。

塗布タイプ~塗って治すタイプ

最初は少量から試してみるのがよく、最初から塗りすぎるのはよくありません。肌との相性の問題がありますから、目立たない場所に少量を塗って様子を見てみましょう。発疹やかぶれなどが発生した場合は肌に合っていないと考えてよいです。合わないものを使用するとニキビがひどくなったり、かゆみが発生したりします。肌バランスが不安定になると、ニキビのリスクが高くなるので注意してください。

ニキビケアの薬はさまざまな作用があり、代表的なのは消炎・殺菌です。炎症を抑えつつ細菌繁殖をブロックすることで、再発を防ぐことができます。また皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を綺麗にしたりする作用も一般的です。ニキビの芯であるコメドが発生すると、毛穴が膨らんだり炎症を起こしたりします。薬で治療をすることは大切ですが、同時に予防対策も欠かせません。普段から肌を清潔にしておく必要があるので、正しい洗顔を行ってください。食生活では脂質・糖質の摂り過ぎに注意し、あとは便通をよくすることがポイントです。

薬は即効性を期待できますが、種類によっては実感するまで時間がかかります。数日で実感できるタイプもあれば、2週間以上かかるタイプもあります。一般的に実感に時間がかかるものは、マイルドで低刺激と考えてよいでしょう。さまざまな肌質にマッチしており、副作用が発生しにくいのが特徴です。ドラッグストアで購入するときは、薬剤師や登録販売者に相談するのがおすすめです。

海外製のジェネリック製品が特に効果的です。ただし、20歳未満の方への使用は控えるようにと注意されています。
「クリンダマイシンゲル」という薬は副作用もほとんど無く安全性の高い薬です。
このクリンダマイシンは飲む抗生物質と同じ働きをする塗るタイプのお薬です。

詳しくはこちらのページでご確認ください。

👉 皮膚科医が選ぶニキビ薬はこれ!

飲んで治すタイプ

カラダの内側から改善していく薬も効果的です。
効果的な薬は海外製のジェネリック製品に多く、その効果も認められています。
今現在、個人輸入ができるので簡単にネットで購入ができます。

有効成分は「イソトロイン」という合成レチノイド(ビタミンA誘導体)。
市販のニキビクリームでは治らない重度の大人ニキビ用などに対応しています。
逆に軽度のニキビには使用しないというお薬です。

ただし、15歳未満の方は服用できません。
副作用的な症状もあるので使用上の注意もしっかり確認することが大切です。

日本製のにきびケア錠剤は効果が穏やかで、長期間のスパンで治療するものが多いので、速効を期待しない方にはオススメです。
Amazonや楽天も販売されていますが、あくまでもビタミン剤を主体とした錠剤で、新陳代謝を促し、アクネ菌ができにくくするとうものです。

参考までに・・・

👉Amazon ニキビ 薬で検索

👉楽天 ニキビ 薬 で検索

ジェネリック製品の詳しい情報はこちらのページからどうぞ!

👉 ニキビに効果的なお薬ご紹介