ニキビケア専用クリームの使い方

毎日きちんとスキンケアを行っているつもりでも、肌トラブルが起こってしまうのは女性の悩みの一つでもあります。特に女性の場合月経の関係で、体のホルモンバランスが崩れやすくなるため、人によっては毎月ニキビなどの肌トラブルが必ず起こってしまう方も多いようです。

スポンサードリンク


一般的にニキビは自然治癒で治しているという方が大半ですが、顔に出来てしまうニキビは症状が悪化してしまうと色素沈着やクレーターなどのニキビ跡になってしまう危険があるので、出来るだけ早めに治癒をさせる必要があります。

クレアラシルの使い方

ニキビ治療に絶大な効果を発揮するジェネリックを中心とする海外製のお薬を除けば、
日本製の薬品の中で「クレアラシル」は人気の高いニキビ治療クリームです。
クレアラシルを例にとって、専用クリームの使い方を考えてみましょう。

数多くのメーカーから販売されている治療薬の中でも、得に人気が高くなってきているのが
「クレアラシルニキビ治療薬クリーム」です。

クレアラシルはニキビケアでは非常に有名で、イオウグリチルリチン酸2カリウムトコフェロールといった有効成分が配合されている特徴を持っています。

●イオウ⇒肌の殺菌作用を与える。
●グリチルリチン酸2カリウム⇒肌の炎症を抑える成分。
●トコフェロール⇒肌のターンオーバーを促進させる効果。

特にグリチルリチン酸2カリウムは、ほとんどのニキビ用品で使用されている有名な抗炎症作用があり、漢方成分なので肌にも優しく安全に使用することができるメリットがあります。

軟膏を使用する上での注意点

クレアラシルクリームに含まれているイオウは、非常に高い殺菌効果がありますが、同時に肌の乾燥を促してしまう特徴があるため、広い範囲で使用するのは避ける必要があります

大きなニキビができた場合にピンポイントで“ちょん”と乗せることが安全に使用する上でのポイントになります。

実際にクレアラシルを利用している方の多くは、正しい使用方法を見ないで肌にたっぷり使用したり、広い範囲で使用している方も多いです。
そうすることで逆に肌荒れなどが悪化してしまう危険があるのです。

夜眠る前に炎症が起こっている部位に少量乗せて眠るだけでも、膨らんでいる状態が小さくなり、目立ちにくくなります。

※クレアラシルに限らず、軟膏の使用には分量と範囲に気をつけましょう!

クレアラシルは楽天市場やAmazonなど、ネットでももちろん購入できます。
でも今回は薬品ということなので、マツキヨ(マツンモトキヨシ)のサイトをご紹介します。
全国どこにでもあり、しかも安心して相談できるので薬局の方がオススメです。

👉 マツモトキヨシでクレアラシルを確認

 

大人ニキビや重度のニキビ対策にはこれ!

ニキビを治療したいと考えている場合は皮膚科に行くと適切に対処してくれます。皮膚科ではニキビに効果があるとされる薬をもらうことができる場合があります。薬によってそれぞれ特徴がありますので、医師の診察を受けながら自分に合ったものを使用することが大事です。

一つ目がダラシンです。ダラシンは塗り薬であり、ブドウ球菌属やアクネ菌を殺菌する効果を有しています。タイプはローションとゲルの二種類があるので自分が使いやすいほうを選択することが大切です。

二つ目はアクアチムクリームと呼ばれる薬です。アクアチムクリームもブドウ球菌属やアクネ菌に対して殺菌するという作用をもっています。そのため肌の調子を整えることに役立ちます。

三つ目はリンデロンというステロイドです。炎症を抑えたいと思っているときに有効です。ただし皮脂が分泌することを手助けしたりTLRを増加して強くするという働きも有しているという側面も持っています。そのため正しく使用しないと逆に肌荒れが起こってしまったり状態が悪化してしまうこともあるので気をつけましょう。
正しく使うことで炎症を少なくすることができます。接触性皮膚炎やアトピーなどにも効果があることで知られています。

四つ目は抗生物質の一つであるゲンタシンです。おでき・切り傷・擦り傷・細菌性皮膚炎などといった症状に効果があります。根本的にニキビを改善するということは難しいですが、炎症を抑えるという補助的な働きをしてくれます。

重度のニキビ対策用のお薬についての詳細は
👉ニキビケアに効果があるお薬のご紹介

使用上の注意点

日常的な肌のお手入れをしながらニキビに効果がある薬も使いたいと思っている場合は、タイミングをしっかりと理解しておくことが大切です。

スキンケアの基本とされる順番は、含有されている油分が少ないものから塗っていくということです。
油分がたくさん含まれている薬の場合は化粧水を使った後に塗るようにします。

一方でローションタイプのような水分が多く含有されているものの場合は、クリームや乳液を使用する前に薬を塗るようにすると良いです。

 

スポンサードリンク